ホワイトニング

ホワイトニングとは

よくクリーニングとホワイトニングは間違われることがありますが、クリーニングは歯垢(プラーク)や歯石、ステイン(着色)を専用の器具を使用し除去することを言い、ホワイトニングはご自身の歯を特殊な薬液によってもともとの色より白くしていく事を言います。基本的には先にクリーニングを行い、それよりもさらに白くしたい場合に行うものです。

ホワイトニングには幾つかの種類があります。歯科医院にて歯科医師の 管理の下で行うオフィスホワイトニングと患者様ご自身がご自宅で行うホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて、歯科医師の管理の下、歯の表面に効果の高いホワイトニングの薬液を塗布して、歯を白くする方法です。
即効性があり、短時間で 大きく色を変えたい方にオススメです。

    • Merit

      • 歯科衛生士が施術を担当するので、ムラが少ない仕上がりになります
      • 1回の施術でも、ホワイトニング効果を得やすい
      • 色戻りがしにくい
    • Demerit

      • 薬剤を使用する際、痛みを感じたり、沁みたりする場合があります
  • 施術の流れ

    1回の施術は1~1.5時間、約3回ほど行いご希望の色に近づけていきます。

    1. 01

      カウンセリング

    2. 02
      クリーニング

      ※汚れの状態によっては複数回処置を行います。

    3. 03

      ホワイトニング薬液の塗布

    4. 04

      歯科衛生士による薬液の洗浄

    5. 05

      歯のコーティング

    6. 06

      結果の確認

  • 料金

    3回照射 ¥11,000

ホームホワイトニング

患者様の歯に合ったマウスピースを作り、ご自宅で、ご自身で、
そのマウスピースにホワイトニングの薬液を入れて装着し、歯を白くする方法です。
薬液は弱いため、大きく色は変えられませんが、ご自身のペースでゆっくり行えます。

    • Merit

      • 自宅で簡単にホワイトニングができます。自分の好きな時に、好きなペースで歯を白くすることが出来ます。
      • マウスピースは繰り返し使用が可能です。ホワイトニング後に専用のケースに保管しておけば、いつでも再度、始めることができます。ジェルは追加購入できます。
    • Demerit

      • 白くなるまでに時間がかかる場合があります。ホームホワイトニングの薬剤はかなり濃度が低いため、テトラサイクリン変色歯や、神経のない歯などは、健全歯に比べ、時間がかかることがあります。
      • ホワイトニング期間中は食べ物や飲み物に注意が必要です。着色生の強い飲食物は、ホワイトニングの効果を減少させ、思い通りの白さになりにくくなる可能性があります。
  • 施術の流れ

    下記に加えて、1日30分~4時間のマウスピース装着(睡眠時も可)をご自身で行って頂きます。

    1. 01

      カウンセリング

    2. 02
      クリーニング
    3. 03

      マウスピース型取り

    4. 04

      直接お渡しかご自宅へ郵送

    5. 05

      ご自宅でホワイトニング

  • 料金

    ホームホワイトニング ¥27,500

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。 最も患者様の理想的な歯の色に近づけます。

  • Merit

    • 色戻りがしにくく、ホワイトニングの白さが持続します
    • 短期間でも白さがアップします
    • 色ムラが少なく、より自然な白さを引き出せます
  • Demerit

    • オフィスとホームホワイトニング両方の治療をする都合上、コストがかかります

その他ホワイトニング治療

  • 歯ぐきをきれいにする「ガムピーリング」

    ガムピーリングとは、歯ぐきに沈着した皮膚を分解し、元の自然な色を取り戻す治療です。歯肉のホワイトニングともいわれており、専用の薬液を使用して、皮膚のピーリングと同じような仕組みで、歯ぐきの色素を除去していきます。長年の喫煙や銀歯による歯ぐきの変色にお悩みの場合は、ガムピーリングのご利用がおすすめです。喫煙により歯ぐきが黒っぽく 変色してしまうことがあります。特殊な薬液を歯ぐきに塗布することで、本来の生まれ持った綺麗な 色の歯ぐきに戻すことができます。

  • ウォーキングブリーチ

    ウォーキングブリーチとは、外傷や虫歯などで神経を失った失活歯に対して行うホワイトニングです。失活歯は、歯に酸素や栄養が届かなくなるため、時間の経過とともに歯の変色が起こりやすくなるのです。治療では歯の中に高濃度の薬剤を注入し、歯を内側から徐々に白くしていきます。十分な白さになった後に薬剤を取り出して、治療完了です。神経のある生活歯には適用できませんので、あらかじめご了承ください。

pagetop