噛み合わせ・歯ぎしり

全身の健康維持に大切な「噛み合わせ」

近年、噛み合わせが悪いことやそれによる歯ぎしりが原因で歯の治療が必要な患者様が増えていると感じます。また、噛み合わせ単独ではなく、噛み合わせの不良と虫歯・歯周病には相互関係があるとも言われていますので、広義の意味で捉えるなら噛み合わせが原因で治療が必要となった方は非常に増えていると考えます。

人の歯はだいたい14歳で生えそろうと言われています。そして日本の平均寿命は だいたい80代後半です。永久歯を使う人生も50歳でもまだまだ折り返しで、健康の維持のためには歯が健康かつしっかり噛めることが必要があると言われています。「もう年だから、、、」と諦めずに一度ご相談下さい。

噛み合わせが原因で起こる「歯ぎしり」

歯ぎしりの多くは、ストレスによる生体反応といわれています。
その一方で、噛み合わせのバランスが崩れてしまい、顎の筋肉の緊張によって歯ぎしりを引き起こす可能性もあります。
虫歯で歯が痛いまま放置したり、高さの合っていない被せ物や詰め物をしている場合は、すぐの治療が必要です。
また、歯が抜けた後は特に歯並びや噛み合わせの不良を引き起こしやすい状態ですので、できるだけ早くご相談ください。

  • 歯ぎしりのセルフチェック

    • パートナー、親から歯ぎしりの指摘をされたことがある。
    • 歯に筋が入っている、歯が欠けている。
    • 朝起きたときの顎まわりの痛み、こわばりを感じることがある。
    • 肩こりや頭痛がある。
    • 日中、気づくと上下の歯が接触している。
    • 頬の内側や舌に噛んだ跡がある。
    • 下の歯肉の内側にある骨に膨らみがある。
  • 歯ぎしりを放置するリスク

    歯ぎしりは睡眠中に多く、ご自身だけではなかなか気づかない症状です。歯やはぐき、顎関節に大きなダメージを与える原因になり、お口のさまざまな機能障害を引き起こす恐れがあります。

    歯と歯が接触している時間はほんのわずかであり、通常であれば2~3mm程度空く安静空隙の状態になります。しかし、歯ぎしりや噛み締めが起きている場合は、歯と歯が長時間にわたって大きな力で接触するため、歯や顎の痛みにつながりやすいのです。また、歯周病の悪化、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群のリスクを高める原因になる恐れもあり、早期治療が大切です。

噛み合わせ治療の種類

  • マウスピース治療

    当クリニックでは患者様の歯型に合わせて製作する、オーダーメイドのマウスピース治療が可能です。主に睡眠中に装着していただくと、歯ぎしりの防止や食いしばりの力を分散する効果が期待できます。

    • Merit

      • 歯ぎしり、食いしばりによる歯の削れを防止できます
      • 歯ぎしり、食いしばりの力を弱めることができます
      • 顎の症状を緩和できます
    • Demerit

      • 使い始めは違和感があり、顎の痛みや口の渇きを生じる場合があります
      • 耐用年数に個人差があります
pagetop