岸上歯科クリニック

表参道駅徒歩3分

CASE症例

予防・メインテナンス

予防・メインテナンス

日本の歯科の現状とは?

「日本人は一生懸命働き、真面目な人が多い。
身だしなみも整っており、素敵な人が多いのに、
なぜ歯はあんなに汚れているのですか?」
アメリカ人の方に
こう言われてしまうことがあります。
それはなぜなのでしょうか?
日本ではまだまだ歯科医院のイメージは
「治療をする」ところであり、
「歯を守る」ところではないのが
原因かもしれません。

日本人において80歳で
残っている歯はこれだけ?

Chart 検査

左のグラフは80歳時において残っている歯の本数の平均値ですが、
他の国とは明らかな大差があります。
同じ先進国のスウェーデンでは、ほとんど入れ歯の方はいないそうです。
しかし日本ではどうでしょうか?

1989年から厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している 「8020運動」は、80歳の時点で20本以上の自分の歯を保つことを目的としたプロジェクトです。
平均値において日本ではまだまだ達成に至る難しいのが現状です。
なぜ、他国に比べてそのような現状があるのでしょうか?

歯が無くなる原因とは・・?

歯が無くなる原因

歯を失う直接的な原因はほぼムシ歯と歯周病です。
どちらとも自然治癒することはないとされています。
特に歯周病に関しては、サイレント・ディジーズ(静かなる病気) と言われ、ひどくなるまで発症しないような病気です。
最近では、全身疾患との関係も明らかになってきており、生活習慣病の一つと言われています。

「歯磨きしているのに
お口のトラブルが絶えません」

こうおっしゃって歯医者にいらっしゃる
患者様を良くお見受けします。
しかし、約96%の患者様は
ご自宅で毎日歯ブラシをされています。
それにもかかわらず、なぜムシ歯や
歯周病になってしまうのでしょうか?

歯医者において歯のメインテナンスを受けられている患者様の割合

左のグラフは歯医者において歯のメインテナンスを受けられている患者様の割合を表しています。
歯の残存歯数が多い国では、80%以上の人が「歯の治療」で歯医者に通うのではなく、「歯の予防」で歯医者に定期的に通い、メインテナンスとしてプロの歯科衛生士のクリーニングを受けているのです。

日本においてその割合はたったの8%と言われています。

歯の治療だけで通う人のライフサイクル

歯の治療だけで通う人のライフサイクル
  • 小さいムシ歯ができる
  • 歯の治療を行い、治療が終わったら歯医者に行かなくなる
  • 治療終了から数年後に治療したところがまたムシ歯になる
  • どんどん歯を削る量が大きくなっていく
  • その後も治療を繰り返し、いよいよムシ歯が神経に達してしまう
  • 神経をとらないといけない状況になり、歯の寿命が格段に短くなる
  • 神経が無いことで歯が弱り、歯が折れるなどし、歯を抜かないといけなくなる

このようにお口の中の状況が悪くなっていくことで、お口の中の細菌も増え、歯周病もどんどん進行してしまいます。
このようにして、治療の連鎖を起こしてしまい、歯科には真面目に通っているのに、どんどん歯を失っていく、という状況の人がたくさんいるのです。
この状況から脱却するにはどうすれば良いのでしょうか?

一人一人に合わせた
予防プログラムとメインテナンスを

なぜムシ歯・歯周病になってしまったのか?
それには必ず何らかの原因
(ブラッシングの方法・生活習慣・食生活・
全身疾患との関連)があります。
当院では、その原因を
しっかり検査した上で診断し、
個々に合った予防法を計画します。
定期的に、プロの歯科衛生士によって
専門的なメインテナンスを行うことが、
自分の歯を守ることに繋がります。
「痛くなったら行く」ではなく
「歯を守るために行く」という、
他の先進国では一般的な歯医者との
関わり方に学び、一緒に歯を守っていきませんか?

一人一人に合わせた予防プログラムとメインテナンスを

「いずれ入れ歯になってしまうのは
仕方がない・・」
そんなことはありません。
歯を失うことをただ受け入れるのではなく、
生涯自分の歯で美味しく食事ができ、
素敵な笑顔で幸せな毎日を送れるよう、
私たち予防のプロフェッショナルと一緒に
歯を守っていきましょう。