岸上歯科クリニック

表参道駅徒歩3分

CASE症例

噛み合わせ・歯ぎしり

噛み合わせ・歯ぎしり

近年、噛み合わせが悪いことや
それによる歯ぎしりが原因で
歯の治療が必要となってしまってた
患者様が増えていると感じます。

また、噛み合わせ単独ではなく、
噛み合わせの不良とむし歯・歯周病には
相互関係があるとも言われていますので、
広義の意味で捉えるなら噛み合わせが原因で
治療が必要となった方は
非常に増えていると考えます。

噛み合わせが大切な理由

噛み合わせが悪い人の原因としては

①もともと噛み合わせがよくない
②補綴物(被せ物)の噛み合わせがよくない
③歯が抜けた後放置してしまった

などが挙げられます。

人の歯はだいたい14歳で
生えそろうと言われています。
そして日本の平均寿命は
だいたい80代後半です。
永久歯を使う人生も50歳でも
まだまだ折り返しで、健康の維持のためには
歯が健康かつしっかり噛めることが
必要があると言われています。
「もう年だから、、、」と諦めずに
一度ご相談下さい。