岸上歯科クリニック

表参道駅徒歩3分

CASE症例

歯周病治療

歯周病治療

日本人の約80%が歯周病!?

日本人の約80%が歯周病!?

人のお口の中には約300~500種類もの
細菌がいると言われています。
全てが悪さをする細菌ではありませんが、
ブラッシングが不十分であったり、
糖を過剰に摂取すると細菌が
ネバネバした物質をつくり、
歯の表面にくっつきます。
これが歯垢(プラーク)と呼ばれ、
粘着性が強く、
うがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には
10億個もの細菌が住みついていると言われ、
ムシ歯や歯周病を引き起こす原因となります。

あなたも歯周病かも・・?

  • 歯ぐきから出血がある。
  • 口臭が気になる。または周りの人から言われる。
  • 歯と歯の間にものが挟まる。
  • 歯ぐきが痩せてきた気がする。
  • 歯が浮いたような感覚がある。
  • 歯がぐらつく。
  • 歯ぐきから膿が出たことがある。
この項目に一つでも当てはまるものがある場合、歯周病が進行している可能性があります。

歯周病を治すためには・・?

一人一人に合わせた治療プログラム

①歯周精密検査

歯周病の進行度合いを調べる検査

歯周精密検査

歯周病が進行しているかどうかを診断するには、
まず必ず、レントゲンにて歯ぐきの
下の骨の減り具合を見ます。
そして「歯周ポケット」と呼ばれる
歯と歯ぐきのすき間に
目盛りのついた器具を入れて、
深さを測っていきます。
その深さが4ミリ以上である場合、
歯周病によって骨が減っている可能性があります。
また、器具はとがっておらず、
器具を入れるだけで痛みや出血がある場合は、
歯ぐきに炎症が起こっていると判断されます。

②PCR(プラークコントロールレコード)

どれだけ上手に磨けているかを調べる検査

PCR(プラークコントロールレコード)

お口の中の汚れが染まる薬剤で、
お口の中に残っている
歯垢(プラーク)を赤く染めだし、
歯のどこに磨き残した汚れが
残っているのかを調べる検査です。
1本の歯に対して4か所ずつ見ていき、
最大で64か所の部位に歯垢(プラーク)が
どれだけ残っているかで診断します。
定期的なメインテナンスに入るまでに、
磨き残しを20%以下に減らすことを目標に、
患者様それぞれに合った、
上手なブラッシングの方法をお伝えします。
ムシ歯・歯周病を予防する上で、
プラークコントロールを行うことは
絶対不可欠なことなのです。
歯科衛生士と患者様が一丸となって、
お互いに改善策を相談しながら、
磨き残しを20%以下に減らせるよう、
ブラッシングのトレーニングを行っていきます。

③スケーリング・ルートプレーニング

ついてしまった歯垢(プラーク)・歯石を
専門的な器具で取り除くこと

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病の進行状態により、
治療の内容は変わることもありますが、
基本的には歯垢(プラーク)・歯石を
除去することを目的としています。
歯ぐきの中に潜んでいる
歯垢(プラーク)・歯石があると
歯周病の進行は食い止められません。
そして、それらはブラッシングだけでは
除去できないため、専用の器具を使い
除去していきます。
当院ではクリーニングをする際に、
なるべく歯にダメージを与えないよう、
繊細な振動が与えられる、特別な
超音波スケーラーを用いて処置を行っていきます。

歯周病の進行

  • 歯周病初期

    歯周病初期
  • 中程度

    中程度
  • 重度

    重度

歯周病は進行状況により、
治療の方法が異なります。
特に重度まで進行すると
歯石がかなり奥深くに付着し、
通常の処置では改善できない場合があります。
その場合、当院では
患者様・歯科医師・歯科衛生士で
お話し合いの上、
最善な治療計画を立てていきます。

④再評価

積極的な治療終了後や
メインテナンスの度に検査を行い、
お口の中の状態を定期的に把握していくこと

  • ④再評価
  • ④再評価

歯周病がどれくらい
治っているのかを調べるために、
再度歯周精密検査を行います。
同時にPCR(プラークコントロールレコード)が
20%以下に達しているのかも評価し、
歯周病の再発を防ぎます。
この再評価をしっかり行うことにより、
メインテナンス(当院では3か月おきを
推奨しています)に移行しても
良好なお口の中を保つことができ、
全体的な健康へと繋がります。